スマートフォン「のぞき見防止」の方法は

2022/03/09 コラム

最近はスマホの画面が大きくなっていることもあり、店内や電車内で近くの人に画面が見えてしまう可能性がありますよね。
メッセージのやり取りなどはあまり見られたくないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、スマートフォンののぞき見を防止する方法についてご紹介したいと思います。

▼スマートフォンののぞき見防止
■画面を暗くする
一番手っ取り早い方法が、画面の明るさを下げる方法です。
画面が暗いと外部からはかなり見えづらくなります。
もちろん完全に視線を防げるわけではありませんが、電車内やお店の中など明るい場所では効果的です。

■「のぞき見ブロック」機能を使う
一部のAndroid端末には「のぞき見ブロック機能」が搭載されており、この機能を使うことで外部からは画面が見えづらくなります。

▼のぞき見防止フィルム
スマホにのぞき見防止機能が付いていておらず、画面を暗くするだけでは不十分と感じる方は「のぞき見防止フィルム」を使用するのがおすすめです。
外部からの視線をカットしてくれるだけでなく、落とした時に画面を保護してくれる役割も果たしてくれます。
左右からの視線をカットする180°タイプと、さらに上下からの視線もカットする360°タイプのものがあります。
「背が低く上からものぞかれる」という方は360°タイプが安心です。

▼まとめ
視線が気になる場合は画面を暗くするのが有効ですが、しっかりと対策したい方は「のぞき見防止フィルム」の使用がおすすめです。
iPhoneについてお困りごとは、弊社にお任せください。
水没や画面割れといったiPhoneの修理の対応だけでなく、ハイクオリティーなガラスフィルムの販売や貼り付けサービスも行っております。