スマホの主な故障原因にはどんなものがあるか

2022/04/22 コラム

スマホがない生活は考えられない、という方も多いのではないでしょうか。
そんなスマホが、突然故障することもあります。
今回は、スマホの主な故障の原因について解説します。

▼故障の主な原因
肌身離さず持ち歩くことが多いので、忘れがちですがスマホは、パソコンなどと同じ精密機器です。
日常のふとしたことや、不注意が故障の原因となります。

■地面に落とした
スマホが地面や床に落下することで発生する、主な故障は液晶の割れや不具合です。
また、落下時の衝撃で内部の基盤が損傷する場合もあります。
基盤は、人間でいう脳にあたるため、破損することでスマホが正常に作動しなくなる深刻なダメージが発生します。
スマホを使用するときは、誤って落としてしまわぬよう注意しょう。
保護シートや衝撃に耐えられるケースなどで本体を守るのがおすすめです。

■水没させた
入浴時やトイレなどで操作中に、スマホを水没させることも故障の原因になります。
最近では防水機能が発達していますが、スマホは電化製品なので水は大敵です。
水没したスマホは、電源がつかなくなったり、充電ができなくなるなどトラブルが発生します。
水まわりでのスマホ操作には注意を払い、入浴時に使用したい場合は水没防止のケースなどを自己責任で使用しましょう。

■バッテリーの劣化
スマホのバッテリーには寿命があり、毎日充電を繰り返すことで、バッテリーは劣化します。
バッテリーが劣化することで、充電がすぐに減るという問題の他にも、スマホがエネルギー切れを起こして、電源が突然つかなくなるなどの故障の原因となります。
電池の減りが速くなったら劣化のサインですので、早めにバッテリーを交換を行いましょう。

▼まとめ
スマホの主な故障の原因について解説しました。
スマホは落下や水没に注意して、劣化したバッテリーは交換しましょう。
当店では、破損した画面の修理、バッテリーの交換などにも対応しています。
故障でお困りの際は、お任せください。