スマホ使用中にアプリが落ちる原因と対策は

2022/02/25 コラム

「操作中にアプリが落ちてしまう」といった経験は誰しもあると思うのですが、何度やり直しても落ちてしまうと困ってしまいますよね。
そこで今回は、アプリが落ちてしまう原因と対策についてお話したいと思います。

▼アプリが落ちる原因は?
アプリが落ちてしまう原因としては、次のようなことが考えられます。

・メモリの空き容量が少ない
・キャッシュが溜まっている
・多くのアプリを同時に起動させている
・スマホやアプリのバージョンが古い
・通信環境が悪い

一度電源を切って再起動することで解決する場合もあります。
スマホの電源を長期間入れっぱなしにしていると不具合が起きることがありますので、5日に1回は数秒間でいいので電源を切りましょう。

▼アプリが落ちる時の対処法
一番の原因として挙げられるのは、容量が少なくなっているケースです。
複数のアプリを起動している場合は停止させ、使っていないアプリや不要なデータの削除を行ってください。
それでも改善しないようであれば、スマホのサポートセンターに相談しましょう。
お急ぎであれば、お近くのスマホ修理店に相談するのがおすすめです。

▼まとめ
スマホアプリが落ちてしまう原因は、容量が少なくなっているケースがほとんどです。
他のアプリを停止し、データを削除しても改善されない場合は、スマホのサポートセンターや修理店に相談しましょう。
当店では、画面割れや水没、バッテリーの劣化等、iPhoneの様々なトラブルに対応いたします。
素早い対応力と高い技術力に定評がございますので、iPhoneの不具合でお悩みの方は一度ご相談ください。