長いWEBページを一括で保存する方法!!

2022/01/15
スクショ

こんにちは😆
iPhone修理Worker 新宿本店です‼️

 

iPhoneを使用していて画面に表示されている部分を

写真として切り取って保存する「スクリーンショット」は

皆様頻繁に使用するのではないでしょうか?

即時で画面を保存できるのでとても便利な機能ですが、

通常の方法では長いWEBページ全体を保存することができません😥

しかし少し手を加えることで長いWEBページでも

保存をすることが出来るのでその方法をご紹介します!!

なお、この方法が使えるのは「Safari」か「Chrome」でWEBサイトを

表示しているときだけであり、「Firefox」や「Edge」では使えないので

ご注意ください。

 

まず「Safari」か「Chrome」で保存したいWEBサイトを開き、

通常通り「スクリーンショット」を実行してください。

するとスクリーンの左下に撮影内容が小さくプレビューされ、数秒すると

消えるのを見たことがあると思います😉

このまま消えるのを待てば今までどおり「写真」のライブラリに保存されますが、

この部分をタップしてみると「マークアップ」という編集画面に切り替わります。

ここではスクショをトリミングしたり指でラインを描いたりできるが今はスルーして、

タブを「スクリーン」から「フルページ」に切り替えてみてください😄

すると右端に、WEBサイトが最初から最後まで長い状態でプレビューされます。

この状態でスクリーン右上の「共有」ボタン(四角の中心から上に向かって矢印が出ているボタン)

をタップすれば、AirDropで共有したりメッセージやメールに添付して送ることもできます😃

WEBサイトがすべて表示できているのを確認したら、最後にスクリーン左上の「完了」を

タップし、次に下部に表示されたメニューから「PDFを“ファイル”に保存」をタップすると

保存場所を尋ねてくるので「このiPhone内」を選んで右上の「保存」をタップしてください😄

またiCloudを活用している人なら「iCloud Drive」を選んでそちらに保存することも可能です👍

これで長いWEBサイトでもスクリーンショットを撮影できます!!

ただこの方法でスクショした内容はPDF形式のファイルとして保存されので、

保存したPDFファイルをiPhone上で確認したいときは、「ファイル」のアプリを使うといいかと!

「ブラウズ」の画面から「このiPhone内」もしくは「iCloud Drive」を選んで、

保存したファイルを開けばいつでも内容を見ることもできますよ💪


⭐️
住所: 〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-17-10
新宿小沼ビル7階 702号室
‪📞‬:03-6233-8159
✉️:iphone.s.worker@gmail.com
営業時間:午後(昼)12:00〜翌4:00(28:00)
年中無休
お時間ギリギリでも可能な限り即日対応させていただきますので、お気軽にご連絡下さいませ。
Instagram→@iphone_s_worker.shinjuku
Twitter→@iphone_worker